TAME-TOKU

    TAME-TOKU

スプレッドとは? | 為替・株・仮想通貨の最新情報をお届け!TAME-TOKU!

FXのスプレッドとは?

スプレッドとは通貨の売値と買値の差

FXを始める上で、スプレッドについては知識を持っておく必要があります。FXを始める時に、まずはスプレッドの差が少ないところを選びましたし現在も同じです。FX会社によって、その差は異なりますが通貨の売値と買値の差がスプレッドですので少ないに越したことはありません。レートが変わらない場合、買値と売値の差が大きいほうが損をするためです。買値の方が高く設定されているものなので、これから選ぶ人はそのあたりも考えてFX会社を選ぶのがお勧めです。

OCN光キャッシュバック | 光回線が最大6ヶ月無料のチャンス!

FX会社によってスプレッドは異なる

資産運用するしようとしている人にはFXは大変魅力的に感じるかもしれませんが、色々な言葉があり難しいと感じることもあります。その一つにスプレッドがあり、これは簡単に言えば手数料のことをいいます。パソコンやスマホで簡単に取引ができますが、会社は儲けるためにブレッドという手数料を取ります。頻繁に取引を行う人や少額から行なっている人からすると、スプレッドが高いと儲けを出すことができません。ですから自分はどの取引を行うかを判断して、スプレッドを比較して取引会社を選びます。

通貨ペアによってスプレッドは異なる

通貨ペアのスプレッドは証券会社により異なりますが、一例をあげると米ドルと日本円が0.2銭から1.0銭程度、ユーロと円が0.4銭から2.0銭程度、ポンドと円が0.7銭から4.0銭程度となっています。 これらの数値は政治や社会の影響を色濃く受けて変動するため、取引のタイミングを見極めることが大切です。 その一方で一部の証券会社ではスプレッドを原則固定としているケースもあり、取引手数料を最小限にして収益を高めることが可能です。

AXIORYの口座開設 | リアル口座は5分で登録完了!

取引コストの計算方法

FXでは取引をするたびにコストが発生し、スプレッドが0.2銭などと表示されています。 しかし実際に取引をしていると、どれぐらいの取引コストがかかっているのかイメージしづらいです。 FXの具体的な取引コストは、スプレッド×取引数量で計算できます。 たとえば米ドル円のスプレッドが0.2銭で米ドルを1万通貨取引するなら、計算式に当てはめると2000銭になります。 つまり取引コストは20円になるので、この様に計算すれば簡単に把握できるでしょう。

FXのスプレッドが変動する要因や時間帯

重要な経済指標の発表前後 | FXのスプレッドが変動する要因や時間帯

最も大きな影響を与えるのが世界中の経済指標で、米国の雇用統計の例では毎月第1金曜日に発表され、毎回発表前後にはスプレッドが拡大する傾向にあります。 また、大規模な災害や疫病の流行、戦争やテロなどが勃発した場合も情勢不安から相場が乱高下してスプレッドが拡大したこともありました。 早朝の時間帯など取引の参加者が少ない時には相場が停滞し、スプレッドが拡大する傾向があります。 これらの条件が当てはまると直後に相場が急変する可能性が高いため、取引には注意が必要です。

突発的なサプライズ報道や経済イベント | FXのスプレッドが変動する要因や時間帯

スプレッドとは売値と買値の値幅を指す言葉です。取引する会社によってスプレッドは原則固定をうたっているケースも多いですが、その幅が拡大することが稀にあるのです。例えばサプライズ報道と言われるものが報道されると変動をきたすようになります。経済イベントなども起こると、変動するわけです。中央銀行総裁の発言や税率アップの法案が通った、戦争やテロの有事で円安になったなどがその代表的なサプライズ報道です。早朝といった時間帯や年末年始も、トレード参加者が少ないので変動が大きくなることがあるんです。

市場の流動性が少ない早朝や年末年始など | FXのスプレッドが変動する要因や時間帯

FXのスプレッドが変動する要因は取引参加者が少なくなるためです。変動する時間帯は市場の流動性が低下した時間帯で、1日のうちでは早朝になります。具体的には最も活発な取引時間帯であるニューヨークタイムが終わる日本時間の午前3時頃から、東京市場が開く午前9時頃です。一方で、日中でも年末年始や市場が祝祭日で休みとなっている場合にも流動性が低下するため変動します。また元々取引量が多くない通貨には、特にその変動幅が大きくなるので注意が必要です。

FX会社選びの決め手はスプレッドの狭さだけではない

FXのスプレッドによるコストはいつ払っているの?

スプレッドによるコストは、ポジションを持った時点で払っていることになります。 スプレッドというのは、買値と売値の差額によって発生しているわけですから、ポジションを持った時点ですでに払っていることになるのです。 そのため、FXの場合には株と違って手数料をそこまで意識する必要はなく、買値と売値だけ注視をしていればよいということになります。 ただし、相場が大きく動いているときにはスプレッドが拡大することがあるので、その時は注意しましょう。

性病検査キットおすすめ比較 | 気になる価格・精度は!?おすすめキット比較

両建てした場合はスプレッドが発生するの?

同じ通貨ペアの買いと売りのポジションを持つ両建ては、スプレッドが発生するのか気になるところです。 結論を言えば両建てした場合にもスプレッドが発生しますし、両方のポジションでスプレッドが発生するので、コストは2倍になります。 更にスワップポイントの逆ザヤのように、両建てには様々なリスクが存在しますから、リスクを認識した上で取引をする必要があります。 何事にも物事にはメリットとデメリットが存在するので、一方ではなく両方の側面から見て把握することが大事です。