TAME-TOKU

ロスカットとは?

ロスカットとは?

FXのロスカットとは損失拡大を防ぐ | ロスカットとは?

FXのロスカットとは、損失拡大を防ぐ制度になります。想定以上に資金を減らさないために必要にな措置になり、証拠金以上に損失が拡大して負債を抱えてしまうリスクを回避することができます。ロスカットが適応されるケースは、口座に残っている資金が所定の証拠金維持率まで低下した場合になります。所定の証拠金維持率はFX会社によって違ってきます。証拠金維持率が警戒ゾーンになった場合にロスカットを防ぐには、口座に追加の資金を投入するかポジションの一部を決済することで回避できる場合もあります。

ロスカットの計算方法

FXで投資を行う際には、ロスカットの仕組みがあるのでその内容を十分に理解した上で投資を始めることは鉄則です。投資先の相場が下落をしてしまった際に、強制的に決済を済ませることが基本です。この内容だけを理解するとマイナスなイメージがありますが、実際にはロスカットは投資者に対して多額の損失額を出さないことが根底にあるので、リスクを回避するには効果的な仕組みです。計算方法は簡単で、1ドル100円と仮定をした場合、必要保証金が4,000円という方であれば、4,000円×100%=4,000円という計算方法になることから、4,000円以下になるとロスカットが発動される条件になります。

ロスカットの注意点

ロスカットは間に合わないことがある | ロスカットの注意点

ロスカット設定をしていても必ずしもその値段で約定するとは限らないことを覚えておく必要があります。 相場が急変した時、あるいは週明けに窓を開けて相場が始まったときなどはロスカットをした値段を超えてしまうことがあります。 例えば100円でロスカット設定をしていたとして、週が開けたときの始値が99円だった場合、100円を通り越して相場が始まるわけですから、想定した値段で約定されず損失が拡大してしまうというわけです。

何らかの理由でロスカットをあえて避けたいとき

保証金(証拠金と同義)を追加入金する | ロスカットをあえて避けたいとき

FX投資には様々な注意事項があり、強制ロスカットも重要なキーワードになります。 強制ロスカットは全てのポジションが強制的に決済される仕組みで、FXでは相場の変動により含み損が大きくなるとロスカットが行われます。 強制ロスカットはFX会社が定めている証拠金の維持率を下回ると執行されるので、ロスカットを避けたい場合は保証金を追加入金します。 証拠金の維持率はFX会社によって異なるため、事前に確認してから口座を開設します。

保有ポジションの一部を決済する | ロスカットをあえて避けたいとき

損失の拡大を防ぐために設けられているロスカットですが、場合によってはロスカットされては困ることもあるものです。そのようなときには保証金を追加入金することで、ロスカットを回避することができます。保証金を追加で入金することができないときには、保有ポジションの一部を決済することで回避させることも可能です。とはいえこれらの方法で一時的に避けられても、その後も相場によってはロスカットされることになる場合もあります。

ロスカットに関するよくある質問

ロスカットと損切りの違いは何ですか?

FX初心者の場合、ロスカットと損切りの違いをわかっていないケースが多く見受けられます。ロスカットは資産が一定の割合を下回るようになるとその資産を守るために実行されるもので、損失を最小限に抑えることができるシステムになります。損失が膨らんで資産が少なくなると自動的におこなわれます。損切りは自分で損失を決済することを指します。ロスカットも損切りも同じように決済をおこなってポジションを整理するものになり、自発的におこなうのか強制的におこなわれるのかの違いになります。

窓を開けて始まったときにロスカットされるとどうなりますか?

先行きが不安で貯金したお金を軍資金として、投資を始める人が増えています。代表的な物の1つにFXがありますが、日本語で外国為替証拠金取引と呼ばれています。初めての人には難しい様々な専門用語が存在します。その中にロスカットがありますが、スムーズに取引を行いたいのであれば、知っていて損することは無いでしょう。ロスカットは、自身が預けた証拠金以上の損失を出さない為のシステムです。土日はマーケットが休みなので、取引は出来ません。ですので、平日にやり残した取引を土日に持ち越すと、窓開けと呼ばれる月曜にリスクが残る可能性があります。