TAME-TOKU

スワップポイントとは?

スワップポイントとは?

スワップポイントのメリット

スワップポイントとは金利差調整分といって、2カ国間の金利差によって発生する利益のことです。しかしその差は完全に一致しているものではなく、FX会社によって数値に違いがあるので注意が必要です。例えば低金利通貨を売って高金利通貨を買うことで、ポジションを所有する日数分だけ金利差分を得られます。スワップポイントはメリットが大きいので、必ず理解しておきたい基礎知識です。これを狙ったトレーダーもいるくらいなので、知ると知らないでは大きなメリットの差が出ます。

スワップポイントの発生タイミング

スワップポイントの発生タイミングが気になる人も多いかもしれませんが、保有しているポジションを翌日まで持ち越すことがなければ発生する事はありません。その日のうちに決済するスキャルピング、デイトレードなどの場合には、スワップポイントが付与されないため十分に注意しましょう。一般的にニューヨーク市場がクローズする時間をまたぎポジションを保有した場合には、スワップポイントが付与されることになります。どれぐらいの量が付与されるのかはその日により異なります。

スワップポイントはFX会社や通貨ペアによって異なる

スワップポイントは、FXの取引では重要な基礎知識です。 金利差がプラスなら、ポジションを持っているだけで利益を得られます。 スワップポイントは通貨ペアやFX会社によって異なるため、FX会社が提示している数値を確認してから取引を始めます。 スワップポイントで利益を狙いたい場合は、高金利の通貨ペアに注目します。 常に利益を得られる方法ではなく、高金利通貨を売って低金利通貨を買った場合は金利差を支払う立場になります。

スワップポイントが高い通貨ペア

FXは異なる2国間の通貨を交換することで、その差益を利益として得るのが最大の目的です。 FXの運用方法として、スワップポイントというものがあります。 スワップポイントは異なる通貨ペアの金利差調整分が利益となり、低金利の国の通貨を売って高金利の国の通貨を買いポジションを持ち続けている間は金利差調整分の利益を得ること出来ます。 日本円と比較した場合スワップポイントが高くなる対象国は、トルコやメキシコや南アフリカなどです。

スワップポイントの注意点

マイナススワップに気をつける | スワップポイントの注意点

FXというと、為替差で利益を得るもの。そのようなイメージをお持ちの方も多いかもしれません。でも、実際には為替差益以外にも金利差によって生じる金利差調整分、いわゆる「スワップポイント」で利益を得ることもできます。 ただ、このスワップポイントは必ずしも利益をもたらしてくれるわけではありません。たとえば、トルコリラのような高金利な通貨を売って日本円のような低金利通貨を買ったときには、その金利差の分が請求されることになります。このマイナススワップと呼ばれる金利差は、保有期間が長くなればなるほど大きくなるので注意しましょう。

スワップポイントで得た利益も課税対象となる

FXで運用をしている方は、利益によりスワップポイントが課税対象になります。利益がなかった方は確定申告の必要もなく課税対象になりませんが、規定以上の儲けがあると忘れずに申告するのが大事です。スワップポイントが付与される方法が会社ごとに異なるので注意が必要です。FXの会社により、確定申告の手助けをする場合があるので確認します。法律で決められた以上に黒字になった方は、決められた時期までに手続きが必要です。

高金利通貨は為替変動リスクが高いケースも

FXは日本円と米ドルや米ドルと英ポンドなど、2国間の通貨を取引して差益を利益として得る金融商品です。 FXは為替差益による利益を上げる方法の他に、スワップポイントという低金利通貨を売って高金利通貨を買いその金利差の調整分を利益として受け取る方法もあります。 スワップポイントは金利差の調整分を長期間保有することになり、多くのトレーダーが投資の手段として利用しています。 ただ気をつけなければいけないのが、為替変動リスクが高いケースもあることです。 高金利通貨の代表であるトルコやメキシコは新興国通貨と呼ばれていて、国の政情など大きく影響を受ける場合があり注意が必要です。

スワップポイントで運用するコツ

レバレッジはかけすぎない | スワップポイントで運用するコツ

レバレッジとは担保として預けた証拠金の何十倍にも相当する資金を動かすことができるものになり、少額の資金で大きな投資をすることができるのですが、レバレッジをかけすぎると大きな利益になるが、損も大きくなってしまうので大損するリスクがあります。損益のリスクを回避したい方は、スワップポイントでの運用がおすすめになります。スワップポイントは、2国間の金利差の調整分になります。金利の高い通貨と金利の低い通貨の間で生じる金利差で、高金利通貨を購入する場合に金利差調整分を受け取ることができます。ほぼ毎日付与されるので、大きめの取引量のポジションを長期間保有することが運用のコツになります。

複数の通貨ペアに分散投資を行う | スワップポイントで運用するコツ

スワップポイントには、運用するための様々なコツがあります。 スワップポイントでの運用も、分散投資が基本になります。 利益の減少を防ぐために、複数の通貨ペアに分散して投資を行います。 分散しないで投資を続けると、通貨ペアのスワップポイントが低下すると利益も減ります。 分散して投資すれば、一方の通貨ペアでカバーできる可能性が残ります。 ロスカットによって損失の拡大を防止できますが、スワップポイントを長期で狙う場合は余裕を持って必要な保証金を用意します。

必要保証金の確認を忘れない | スワップポイントで運用するコツ

スワップポイントで運用するためにはいくつかのコツがありますが、必要保証金の確認を忘れないこともその一つです。証拠金と同じ意味である必要保証金の確認は、こまめにしておく必要があります。特にメキシコペソやトルコリラといった新興国通貨は、為替変動リスクが比較的高いため急な暴落によってロスカットされる可能性は否定できません。ロスカットにより損失の拡大を防ぐことも可能ですが、意思に関わらずポジションは強制的に決済されてしまいます。長期的にスワップポイントを狙うのならば、余裕を持った必要保証金が必須であるといえます。